Amazon Mastercardクラシック の申込方法(スマホ画像)


AmazonMastercardクラシックを作る手順を説明します。

即時審査サービスと、テンポラリーカードについて

申込方法を説明する前にですが、
AmazonMastercardクラシックの申し込みには、「即時審査サービス」というのがあります。
申し込みの入力が終わったら、その場で審査されるというものです。

そして、審査結果がすぐわかる事も嬉しいのですが、それに加えて、審査が通ったその時から、アマゾンで買い物ができるんです。
審査結果後、Amazonテンポラリーカードというのが発行されます。
(実際のカードではなく、カード番号だけなんですが。)
それを使って、すぐに買い物ができます。

ただし即時審査サービスは、9時〜19時の間だけです。
また利用代金の支払いは、指定された金融機関にすることが必要です。
即時審査サービス対象金融機関:
https://www.smbc-card.com/nyukai/pop/ol-amazon.html
この条件以外では通常の審査となり、カードが到着してから使用できます。

また、テンポラリーカードの利用条件は次のとおりです。
・利用可能枠3万円 
・一回払いのみ 

申し込み前の準備

カードの申込みにはいる前に、次の準備をしておきましょう。
申し込み作業がスムーズに進みます。

準備しておく事
・本人確認書類(運転免許証をお持ちの方は、準備を)
・利用代金の引き落とし口座(口座認証をしますので、できる準備を)
・ETCカード申し込みの有無
・家族カード申し込みの有無

申し込みの手順

では 、スマホでの手順を説明しましょう。
すでにAmazon会員になっている人を想定しますね。

Amazonのサイトで、Amazon Mastercardクラシックの画面に移動します。
「今すぐ申し込む」をタップします。

画面が変わって、三井住友カードのWEBサイトが開きます。

ずらずらと説明が書かれていますので、スクロールして、「Amazon Mastercardクラシックに今すぐ申し込む」をタップします。

規約の画面が表示されるので、「同意のうえ、入力画面に進む」をタップします。
オンライン申し込みの画面が開きます。
6ステップで 申し込みを進めていきます。

ステップ1:ご本人とお支払い口座について

まず、個人情報を入力していきます。
氏名、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス、世帯・家族情報、職業、住まい 

次に、利用代金の支払い口座を設定します。

「次のページへ」をタップします。

ステップ2 職業(学校)とキャッシング・リボについて

勤務先情報を入力します。

キャッシングお借入の希望金額を選択します。
「入会後検討」を選択すると、キャッシング枠は0になります。

住宅ローン”以外”で借り入れしていれば、金額を入力します。

運転免許証をお持ちの方は、番号を入力します。

預貯金額の入力は任意です。

次にリボ払いについてです。
このカード(三井住友のカード)では、「マイ・ペイすリボ」と言います。
金額を設定しておくと、 毎月の支払いが一定になるというものです。
ただし 金利がかかりますのでご注意ください。
(分からない方は「申し込まない」を選択しましょう。)

ステップ3 ご希望のカード、その他について

カードの取得目的や、暗証番号の設定をします。 

必要なら、 ETC カードの申し込みをします。
家族カードは申し込まずに、個別に取得しましょう。
入会特典のポイントがもらえます。

公共料金のカード払いの資料請求も、ここでできます。

ステップ4 入力内容確認

入力した内容を確認します。
問題なければ「この内容で送信する」をタップします。

ステップ5 お申し込み番号のご案内

これで終わりと思いきや、もう少しあります。
設定した振替口座の銀行サイトに移動し、口座認証を行います。
各銀行のサイトの指示に従って、処理を行ってください。

いよいよ即時審査の実施です。
「次のページへ」をタップすると、「審査中」となります。
数十秒待ちましょう。

審査が通れば、Amazonテンポラリーカードが発行されます。 

これで申し込みが終了しました。
カードが到着するまで待ちましょう。

そして、Amazonテンポラリーカードを利用して、すぐにAmazonでお買い物をしましょう。
自分の Amazon のアカウントに、テンポラリーカードが載っています。
支払時に、それを選択してください。 


関連記事

このサイトに投稿した、Amazon Mastercard クラシック関連の記事の一覧です。 [sitecard subtitle=関連記事 url=http://card-article.com/amazonmaster-what] [[…]

最新情報をチェックしよう!